B型の彼女

A型の僕とB型の彼女。


プロフィール 

A-men

Author:A-men
B型の彼女に日々振り回されるA型の男です。
リンクフリーなんで
気に入ってくれたらバシバシリンクしてくれちゃっていいです。


簡単お気に入り登録 


全記事表示 


全ての記事を表示する



月別アーカイブ 


ランキング 

ランキングに参加しています
↓↓画像クリックで投票です↓↓
ブログランキング用バナー(大)
FC2ランキングバナー大


御来場数 

お越し頂き、ありがとうございます


最近の記事 


最近のコメント 


リンク 

このブログをリンクに追加する


最近のトラックバック 


カテゴリー 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告


日本むかし話~彼女風味~

いつも御覧頂きましてありがとうございます

人気ブログランキング、今の順位です

記事更新時で5位でした。

皆さんの投票のおかげです。



さて、今日は珍しく連チャンでの更新です。

というか、今日あった出来事を忘れないうちに更新しとこうと思った次第なのですが。


・・・今後も頑張ってもうちょっとマメに更新しよう・・・


というわけで早速本日起こった出来事を


今回の話は物語風です。


本編は「続きを読む」からどうぞ。





これは久々にB型ネタなのかな?

B型特有の

思いついた事はすぐ口に出して言ってみる

ってやつです。



実は最近、ウチの原付がぶっ壊れまして

駅からの帰りはバス、もしくは徒歩になってます。



ウチの最寄駅から出ているバスは23時が最終便



今日はちょっと寄り道して帰ってきたので最終バスに間に合わず

二人で歩いて帰ってきました。

・・・片道30分・・・

このクソ暑い中歩きましたよ。

しかも彼女は相変わらずデニムジャケット・・・



まぁ、そんな感じで徒歩での帰宅となったのですが

テポテポ歩いてるうちに、僕の方からある事を切り出しました。



「昔ってさぁ、旅は全部徒歩やったやろ」

「うん」

「ホラ、よくお伊勢参りとかあるやん?江戸から伊勢までの旅。

あれってどれくらい掛かってたんやろなぁ」

「さぁ・・・それは分からんけど、きっと大変やったに違いないね」

「そうやろなぁ」

「きっと旅の途中で

化け物に遭ったりタヌキに化かされたり

しながら旅してたんやろなぁ」



「大変ってそっちの事かい!

っていうか化け物って・・・」


「そう・・・きっと昔の峠にはそれは恐ろしい化け物が・・・


それはある峠での出来事じゃったぁ・・・」



「・・・イキナリ日本むかし話はじまったな・・・」


「旅人が多く行き交うその峠は、夜になるとそれは恐ろしい化け物が出ると言われておって

夜にその峠を越えようとする者は誰もおらなんだ・・・」


「・・・」

(黙って聞いとこ、どこまで話しするんやろ・・・)

「ある日の夕暮れ近く、峠の麓にある茶屋にひとりの旅人が現れた。

茶屋のばぁさんが旅人に尋ねた

『アンタ、こんな時間にどこに行きなさる?』

旅人は

『ワシは明日の朝までにこの峠向こうの村まで行かにゃあならんのだ』

と答えた。

『悪い事は言わん、夜にこの峠を越えるのはおよしなされ。

この峠には夜になるとそれは恐ろしい化け物がでるんじゃ・・・』

ところがその旅人は

『うんにゃ、明日の朝にはどうしても峠の向こうまで行かにゃあならんのだ

いまのうちに峠をこえにゃあとても間に合わん。

第一化け物なんぞおるはずがなかろうが』

結局その旅人はばぁさんの忠告は聞かず、日も暮れ始めた峠道を登り始めた。

『なんまんだぶ、なんまんだぶ。気ぃ付けて行きなされやぁ』

たったったった

旅人は道を急ぎ駆けて行った。

『フン、さっきから随分と進んできたが化け物なんぞ出てきやせんじゃないか。

あのばぁさんめ、脅かしよって。』

そうしてしばらく駆けて行った時の事。

たったったった
たたたたたたた

たったったった
たたたたたたた 」




「なにリズム刻んでんねん」


「足音がもうひとつ聞こえてきたのじゃ」


「・・・足音やったんか・・・」


「旅人は後ろを振り返るが何もいない。

気のせいかと思い、また駆けて行く。

たったったった
たたたたたたた

やはり足音が追いかけてくる。

旅人は

『これがばぁさんの言っておった化け物か。よぉし振り払ってやるわ』

そう言ってなお一層早足で駆けて行った。

たったったった
たたたたたたた
たたたたたたた

なんと足音がもう一つ増えたのじゃ

旅人はさすがに恐ろしゅうなってさらに駆け出した

たったったった
たたたたたたた
たたたたたたた
たたたたたたた

また増えた。

もう旅人は無我夢中になって駆けて行った。

その間にも足音はどんどんと増えてくる。

『囲まれた』

とそう思った時、旅人の目の前に一人の娘が現れた。」


「ふん、それで?」

(ちょっと続きが気になりだした)

「その娘は・・・むす・・・あ、イヤ女!娘じゃなくて女にしといて」


「どっちでもエエがな!続きは?」


「そう焦りないな。え~っと・・・


その女は岩に腰掛けておった。

『もし・・・』

女は旅人に声を掛けた。

旅人は

(こんなところに女がおるとは、さては妖怪か?)

と疑った。が、その女は

『もし・・・旅のお方・・・』

と尚も話し掛けてくる。しょうがなく旅人は立ち止まり

『なんだ?』

と返事をした。すると女は

『すみません・・・足を挫いてしまって・・・

峠を越えることも麓に戻る事もできぬようになってしまい

とうとう日が暮れてしまったのです・・・

申し訳ありませんが私を峠の向こうまで連れて行っていただけませんか?』

旅人は考えたが、女がこんな時刻にこんな所にいるにはもっともな理由だと思い

女を連れて行ってやる事にした。

さすがに峠道を背負って行く訳にはいかず、肩を貸してやっていた。

その道中、女は自分の身の上を語りだした。

女の兄が峠向こうの街で商売をしており

その商売を手伝う事になったのでその街へ向かって旅をしているのだという。

旅人はますます信用し

『そりゃぁ大変じゃのお。女の一人旅は何かと大変じゃろうて』

と同情したりしていた。

その間に、旅人の後を追ってきていた足音はピタリと止んでいた。

(やはり気のせいじゃったか。フン!怖い怖いと思っておるからあんな幻聴を聞いたりするんじゃ!)

と、さっきの足音は気のせいだと思う事にした。

峠の頂上に差し掛かったところで女が

『少し休みませぬか?』

と言うので一休みする事にした。

手頃な岩を見つけそこにお互い座り込んだ。

旅人はどうにも腹が減っていたが、あいにく食い物の持ち合わせはない。

そこへ

『よろしければこちらをどうぞ』

と女が饅頭を差し出した。

『こりゃありがてえ』

旅人は女から饅頭を受け取ると1つ2つと頬張った。

そして3つ目を食べ終わった頃、旅人はだんだんと眠くなってきた。

だんだんと眠くなってきたが女が薦めてくるので4つ目5つ目と頬張る。

(疲れたところに饅頭なんぞを食ったから眠くなってきたのか?)

と思ったがどうにも腹が減っていた旅人はそのまま饅頭を食べ続けた。

そして、とうとう眠ってしまったのじゃ・・・」



「そ・・・それで・・・?」


「てれってってってて~れれ」


「?」


「♪くまのこ見ていたかくれんぼ~おしりを出した子一等賞~♪」
















「お・・・終わりかい!!」



「♪夕焼けこやけでまたあした~まったあっした~♪」


「また明日ちゃうわ!続きはないんか!?」


「だから来週に続くんやって」

「う~わ・・・サイアクや・・・めっちゃ続き気になんねんけど・・・」

「そうか?アタシは気にならへんけど♪」

「そらアンタはな!」

「まぁそうヤイヤイ言いないな

来週覚えとったら話したるさかいに」


「・・・来週覚えとんかいな?」

「多分忘れてる♪」

「そうやろな・・・」

「♪でん・でん・でんぐり返って、バイバイバイ♪」





























ホンマに終わってまいやがった・・・

話終わった頃には家に着いてました。

ちなみに、オールオリジナル話で続きは聞かせてもらえませんでした・・・


ブログランキング用バナー(大)←クリックして、まったあっしった~♪
FC2ランキングバナー大
スポンサーサイト
2006/08/19 05:51|未分類TB:0CM:6


コメント

はじめまして!毎回、楽しく拝見させていただいてます。自分の彼女もBなので、話の内容にめちゃくちゃ共感してます。話の途中で会話を変更するなんて、日常三時。気になっても教えてくれないと言うすばらしい嫌がらせ…。それがB型なんですね。この話を聞いてさらに思いました。これからも更新大変でしょうが楽しみに待ってます!!ではでは
tom #-|2006/08/19(土) 12:53 [ 編集 ]

だんだん…
patternが読めてきてB型の対処方法も分かってきました。乗ってあげて、それを楽しまないとB型女性とはわたれませんね、A-menさんみたいに。
yamin #-|2006/08/19(土) 19:04 [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2006/08/19(土) 23:07 [ 編集 ]


オリジナル日本むかし話てw
しかもホントにそれっぽいしww
あいかわらず愉快な彼女さんで。
それにしても、続きが気になる気になるー!!
やべってぃ #-|2006/08/20(日) 00:25 [ 編集 ]


あはははwwまじ面白いですww
もう笑いすぎて涙ちゃいましたよ。
でも、たしかに続ききになりますね
~エンディング歌ってるのも気になりますけど。
涼 #HmJMh0Es|2006/08/20(日) 18:07 [ 編集 ]


>tomさん
はじめまして。
そうですか・・・tomさんも嫌がらせ受けてますか・・・
彼女の場合は自分の話だけじゃなくて、本の続きとかも気にならないそうです。
昼ドラの続きはあんなに気にしてるのに・・・

>yaminさん
そうですね、話に乗ってあげないと・・・マジにとっちゃうと相手もアレ?って思うと思いますし。
ウチでも、結構話半分に聞いてる事が多いです。
ってかほとんどそうです・・・

>やべってぃさん
そう、全てオリジナルです。
続きは考えてない・・・というか今回の話そのものが、話しながら考えていたようなので・・・
まとめてますからスムーズに話してるように見えますが、実際は途中考えながらのお話だったんですよ。
多分・・・続きはお見せできないと思います・・・

>涼さん
あのエンディングを歌う=話は終わり。
という事らしいです。
続きは気になっても教えてもらえないと思います。
自己完結の人なんで・・・
A-men #-|2006/08/21(月) 02:58 [ 編集 ]


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://bqueen.blog45.fc2.com/tb.php/100-ec088c20


カレンダー(月別) 

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


週間ランキング 


僕の地元のお店 

特に使い道もないのに
つい欲しくなってしまう。
文房具ってそんな魅力がないですか?
僕が神戸にいた頃
よく行っていたお店です。

万年筆がひとつ欲しいです。
使い道はありませんが・・・
ナガサワ文具店


ちなみに
文章だけでは伝えきれない事を
絵にしてブログ作りたい・・・
これ、買おうか真剣に悩んでます。
ペンタブレット 『エックスピーペン』
¥6,888


広告サイト 




ネットプライス【TOPページ】(サイズ:120×60)
最近の彼女のお気に入り
しょっちゅうこのサイトで買い物してます
気が付くと代引きで商品が到着します。
もちろん『事後承諾』です








モノ・マガジン オンライン
格好良い男のアイテムサイト


DHCオンラインショップ
彼女のお気に入り通販サイト
毎月必ずお買い物中


セブンアンドワイ
セブンイレブン受け取りが便利過ぎます


ドミノ・ピザ
僕も利用してます
メニューを見ながらゆっくり決めれるから
焦る事がないw


シマンテックダウンロードストア
我が家のパソコンは
「ノートンさん」に守られてます

バナー 10000003
アクセはあまり身に付けないのですが
時計だけは別
携帯があっても
必ず腕時計は着けてます


アフィリエイトのリンクシェア
僕は主にココを使ってマス
有名な会社が多いんです


trend05_125_125
一緒に住んだばかりの頃
ダンボール一杯のベルメゾンの粗品が・・・
有名なだけに、いいものが多いそうです



RSSフィード 

Copyright(C) 2006 B型の彼女 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。